© 2022 SignTime. All rights reserved

日本の法律に準拠した電子契約

サインタイム株式会社は日本で創業した企業で、日本のお客様が使いやすいサービスの開発や品質でサービスをご提供しています。また、日本の電子契約に関連する法律(電子署名法、電子帳簿保存法など)の基準・セキュリティ要件に対応するようサービス提供や、今後の法改正にも対応していきます。

ESG Friendly

個人やフリーランス様に

ユーザー数:1名~

エントリー

機能を絞ってコストを抑えたプランです

$13/mo per user

Select

980 yen/person/month (11,760)

Yearly payment pricing

1,500 yen/person/month

Monthly payment pricing

送信費:50通まで無料
(1ユーザーごと)


・書類の作成・送信

・署名機能

・テンプレート作成機能

・書類のパスワード設定

etc.

980

年額 11,760円
(税込 12,936円)

誰でも簡単!スピーディーに使える

SignTimeの 通信はSSL/TSL(256bit)で、アップロードされたファイルはAES256で暗号化されています。セキュリティーチームは、国際認定資格のCISSP™CREST CRT™ の資格を持つセキュリティ責任者がけん引し、常に最新のセキュリティ機能のご提供を図ります。

高度なセキュリティ対策

ESG Friendly

自然キャピタル 代表 マーク・ビペンス氏(創業パートナー)

日本の法律や規制に対応し、サービス柔軟性を持った電子契約サービスを提供するスタートアップ企業を探していました。

SignTimeは、ベンチャーキャピタル特有の機能ニーズにも対応できる電子契約サービスであり、今回投資できる機会をいただきとても嬉しく感じております。

料金プラン

小規模オフィスに

スタンダード

充実の機能を少人数で使えるプランです

ユーザー数:1名~

$13/mo per user

Select

Yearly payment pricing

2,480 yen/person/month (29,760)

Monthly payment pricing

4,000 yen/person/month

送信費:100通まで無料
(1ユーザーごと)


エントリの全機能

・署名順設定(順列・並列)  

・書類タグ機能

タイムスタンプ

etc.

2,480

年額 29,760円
(税込 32,736円)

10名以上のご利用で

プレミアム

すべての機能を人数無制限でご利用できるプランです

ユーザー数:無制限

$13/mo per user

Yearly payment pricing

8,600 yen/month (103,200)

Monthly payment pricing

13,000 yen/month

8,600

年額  103,200円
(税込 113,520円)

オススメ!

お問い合わせ

大規模利用企業様に

エンタープライズ

独自システムとの連携などをご希望される方向けです

ユーザー数:ご相談

1-877-720-2040

Select

Call for more info:

Yearly payment pricing

Negotiable

Monthly payment pricing

Negotiable

応相談

※お問い合わせください

送信費:応相談

プレミアムの全機能

・独自システムとの連携

・カスタム開発

・高度なセキュリティー構築             

            etc.


Get your 14-day trial of our top-selling business plans today.

Start exploring SignTime now – for free.

No Credit Card Needed

By clicking “Start My Free Trial” you agree to our Terms of Service and Privacy Policy

よくあるご質問

SignTimeとは?

サインタイム株式会社は、「お客様に寄り添った使いやすい電子契約サービス」を目指し、日本の企画チームとシリコンバレー出身のエンジニア達が提供する最新の電子契約サービスです。 

取引先もSignTimeのアカウントが必要ですか?

署名・押印を依頼する取引先(お客様)は、SignTimeのアカウントを持っていなくても、契約書の閲覧・署名、契約の締結が可能です。SignTimeのアカウントがなくても締結済みの書類を後日ご覧いただくことも可能です。

30日間の無料トライアルとは?

SignTimeの使いやすさを体感いただき、ご納得いただいた上で安心してサービスをご利用をいただけるように「30日間の無料トライアル」をご提供しています。メールアドレスのご入力で、SignTimeの登録用のアクティベーションメールが届きます。簡単な情報入力のみで、決済情報などの登録は不要でご利用いただけます。

有料プランを契約をするには?

まずは30日間無料トライアルを開始いただきます。実際にお試しいただき、納得いただきましたら、SignTimeのログイン後のプランの選択画面で「有料プランをご契約いただけます。トライアルを始める前に詳細を知りたい方は、こちらからご連絡ください。

電子契約の法的根拠は

電子署名法では「署名が本人である」「改ざんされていないことが証明できる」の2点が有効な契約の要件です。SignTimeでは「誰が」「いつ」「どのIPアドレスから」等の情報が記録され、締結後の契約を改ざんできないようにロックし、要件を満たしていることから、電子契約は法的根拠のある契約として取り扱われています。また、長期署名に対応したタイムスタンプのご利用も可能です。

電子契約に収入印紙は必要ですか?

電子契約では収入印紙は不要です。印紙税法の第2条の課税文書の作成は「紙の書面に書いて交付すること」が要件だからです。電子契約はデータによる契約締結では、課税文書の作成に該当せず、印紙税は課税されないということが、税務当局見解や国会答弁でも明確に述べられています。

①わかりやすい操作画面で簡単操作

書類をアップロードし、署名欄をドラッグ&ドロップするだけ

・契約書やNDAなど利用したい書類はPDFのみでなく、WordやExcel、jpegなど様々な形式のファイルでご利用いただけます。

・SignTimeに書類をアップロード後、署名や捺印欄ドラッグ&ドロップだけで設置できます。

・設置が完了したら、すぐに取引先へ署名依頼できます。

Document Designer Tool

②まるで手書きのような署名

Hand Written E-signatures

・紙の契約書は、契約の進捗の把握を瞬時にできませんでした。SignTimeでは、一覧表示を見ると「いつ」「誰が」契約書を作成や署名したかが瞬時に把握できます。

・契約の締結が進捗していない取引先にリマインドもSignTime上で簡単に送れます。

・締結した契約書も保管庫が不要で、いつでもどこでもSignTime上で簡単に検索できるので、保管場所の確保や管理、ご担当様の出社の手間が不要になります。

Contract Lifecycle Management

誰が、いつ、どこまで作業したかパッとわかる

③契約の進捗をかんたんに管理

④テンプレート機能でもっと業務効率化

業務委託契約書、従業員の入社時の契約関連書類、取引先との秘密保持契約書(NDA)、サロンの施術同意書など、同じ雛型を異なる送信先(取引先)に送る場面は多くあります。

SignTimeはよく使う契約書を「テンプレート(雛型)」登録、署名欄を一度設置するのみで、メールアドレスと宛名を入力するとすぐに書類送信や署名依頼ができます。

japan flag icon
us flag icon

契約書のアップロード ▶ 署名依頼が60秒でできる!

送信費:300通まで無料
(全ユーザー合算)


スタンダードの全機能

・電話によるサポート
  (平日10~17時)             

            etc.


YouTubeチャンネルでSignTimeの操作方法をご覧いただけます。


ご導入企業様がぞくぞくと増えています!

①誰でもカンタンに操作ができる
②サインタイム独自の機能が充実!
③無料送信件数付きのおトクな料金

使いやすさで選ぶなら!電子契約サービス

SignTimeの特徴

SignTimeの法律・セキュリティ対応

ご利用は1名でも、ユーザー無制限で利用も。
お客様のご利用用途にあったプランを無料送信件数付きおトクな価格で。

SignTimeはお客様の声を大事にし、操作する方の使いやすさを 実現するために新機能のリリースや機能の充実を図っています。

資料請求

まずは資料請求

メールアドレスを入力し、無料トライアルでSignTimeをお試しください!

SignTimeでできることを試してみる

サービスの詳細を見てみる

無料トライアル資料請求資料請求

サービスの詳細を見てみる

資料請求

よく使う雛型は署名欄の設定を一度するだけで簡単送信 

紙にペンで署名するのと同様にサインできる 

・SignTimeは、従来の「紙の契約書での文化・習慣」を大切にしたいと考えています。

・署名は、指やタブレットペンでタッチパネル操作やマウスによる操作で、まるで手書きのような署名ができます。

ログイン